現代語訳 福澤諭吉の会議マニュアル

福澤諭吉ら慶應義塾の初期メンバーが明治6(1873)年頃に著した会議マニュアル『会議弁』を現代語訳しました。日本にまだ「会議」(Conference)という概念が無かった頃に,日本に「会議」という意思決定システムを根付かせようと意図して編まれた本です。解説付き。表紙カラー,A5本文白黒36ページ。